読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月30日

 

 

今日で9月もおわる。

「セプテンバーさん」を聞いて夏の終わりを切なく思っていたのに、いつの間に過ぎ去って秋が深まっている。

月見バーガーも今日が最後。1回食べたので今年はよかった。

 

今日の私はお昼過ぎまで寝て、生ハムと焼うどんのライブDVDを見ていた訳だが、

 

 

生ハムと焼うどん、まじやばい。

 

 

彼女達は作詞作曲から、マネジメントまで全て自らの手でやっている。

歌よりもコントのような寸劇が多いのが特徴だ。

 

寸劇の独特な世界観、劇団に入っているから当然なのかもしれないが、演技力、振り切ってる、あの感じ。

なんとも言えない力が彼女達にはある。

 

曲も頭に残るし、ダンスも上手。

今日はずっと「脱法ドラッグはやっていません」が頭に残って仕方なかった。

歌詞も素晴らしい。

 

 

「どうせ私は商品なんでしょ?

お買い物カゴ入れてみて

歳を重ねりゃセールの商品

お買い物カゴ戻れない

 

どうせ私は商品なんでしょ?

お買い物カゴ入れてみて

使い捨てのポイ捨て商品

バッドエンドも悪くない」

(OTONA,生ハムと焼うどん)

 

めっちゃかっこよくない??????

 

 最後の一文、「バッドエンドも悪くない」ってすごくかっこよくない?

 

 

アイドルが今何千、何万といる中で、いろんなアイドル達の若さは消費されて、誰かが卒業すれば、新規メンバーが加入して、研修生が育って、卒業して、加入して、

夢を餌に、まるでベルトコンベアーにのるように彼女たちの青春は大人たちに食べられて、また彼女達も大人になってゆく。

 

何歳までアイドルをやるのか?という問いはずっと言われてて、

大森靖子ちゃんも「何歳までアイドルやるのかな?」って歌ってたけど、

 

福田花音ちゃんは20歳っていう区切りをつけてアンジュルムを卒業して、

一方同期の和田彩花ちゃんは20歳からのアイドルをやっていこうと、モー娘。のプラチナ期を目標に頑張っている。

 

アンジュルムも、どんどん人が辞めていって、

どんどん加入していって、名前も変わったし、いろんなことが変わって、変わり続けながら、歌い続けている。

 

 

生ハムと焼うどんの話に戻るけど、私は、この「バッドエンドも悪くない」っていう一文にものすごく衝撃をうけた。

 

彼女達の覚悟が見えた気がした。

 

商品として売れ残っちゃっても、それでも、アイドルをやっていく、自分達だけで。

 

これって、誰でもできるような事じゃない。

寸劇のふざけた2人とは、また違う側面。

手にはびっしり書いてあるカンペ。

裏では「どうしよう、人がいっぱいいる〜」と緊張して台本や歌詞を確認する姿。

 

 

こういうの全て、

 

オタクの事、わかってんな〜!!!

 

って思う……!!!!!

 

ももクロもAKBもそうだけど、

「頑張ってる私達」を売れるのは今しかなくて、売れ残っちゃうようなバッドエンドでも、

やっていくしかない!!!みたいな。

 

今日で9月も終わりだけど、

女の子やアイドル達が1番若いのは今日今この時で、明日になればセール商品になってしまうかもしれない、そんなん、わかってるけど!

突っ走っていく!!!!!

 

 

みたいな!?!?!?!?

もう、最高ですね。私も一緒に突っ走っていきたいなって、思えちゃうね。

物販、買うね。

金稼ぐね。

 

 

チャッリーーーーン👌💰💴💵💶💷

 

 

そんな事を思った9月30日。